濱口桂一郎『日本の雇用紛争』(労働政策研究・研修機構)書評
 
 
○新聞・雑誌等(ネット上を含む)
2016年3月25日:JILPT労働図書館新着情報
 
本書は、政府の雇用制度改革の一環としての「予見可能性の高い紛争解決システムの構築」を図るためにJILPTが実施した調査研究をまとめたもの。「労働局あっせん」「労働審判」及び「裁判上の和解」の3つの個別労働紛争解決システムのなかで、2012年度に受理した労働局あっせん事例を軸に、日本の雇用紛争の内容を分析。その結果、「合意形成」で終了した事案324件のうち、合意が「金銭解決」であるのは313件であり、96.6%。労働審判、裁判上の和解でもそれぞれ96.0%、90.2%で、圧倒的多数が金銭解決だった。さらに、「雇用紛争の法政策の推移」、雇用終了以外の事案と退職をめぐるトラブルの分析も追加。2012年刊行の『日本の雇用終了』を全面改訂。
 
10月21日 労働調査会 労働あ・ら・かると by 岸 健二
筆者自身が長く関わってきた業界は「職業紹介」なので、言わば「雇用の始まり」のところにずっと身を置いてきたわけですが、一方で「雇用の終わり方」にも視野を広げておくべきだという思いをより強くしたのは、JILPT(労働政策研究・研修機構)統括研究員の濱口桂一郎さんが著した書籍「日本の雇用終了」と4年程前に出会ってからです。 この書籍はその後「日本の雇用紛争」として、主席統括研究員となった同氏によって労働審判と裁判上の和解についても加えられて全面改訂の上、上梓されていますが、労働組合の組織率の低下を反映して(と、筆者は考えています)増加している個別労使紛争に、どう対処すべきかを考えるにあたっての必読書となっているように思います。
 
 
 
○ブログその他個人ホームページ
 
2016年2月25日 社会保険労務士日記 by おれんじえすあーる
後半は「日本の雇用終了」と同様に、 労働局のあっせん事案からの紛争の内容分析ですが 前半であっせんと労働審判、裁判上の和解を比較しています 感覚的にはそりゃそうだろうなと思う分析ですが このようなデータとして示せれば説得力が違います 今後の仕事にも役立ちそうです
 
5月21日 by whkr
『日本の雇用終了』という書名がかっこよくて、いつか読みたいなあと思ってるうちに書名が変わってしまった。
 
 
○twitter
 
2016年1月27日 by クエタのファン
濱口桂一郎先生の「日本の雇用紛争」が発売されるか。1/29発売。買わねば。
 
1月30日 by クエタのファン
濱口先生の新刊ゲット。
 
3月15日 by びー助
hamachan先生の「日本の雇用紛争」で引用されていた「離脱・発言・忠誠-企業・組織・国家における衰退への反応-」を読み始めたけど、かなり興味深い議論が展開されそう。じっくりと読み進めたい。
 
9月5日 by intolerance
RT 是非、まずは『日本の雇用紛争』に並び称される事例集として結実されることを強く望むとともに、ご成功を祈念いたしております。…といっても、中の人だと特定可能情報をマスクしても事例集は難しいのでしょうかね?そうするとJILPTの方と共同研究?
 
10月10日 by 小保方克仁(特定社会保険労務士)
「働く女子の運命」などの著書で有名な労働法研究者の濱口桂一郎先生の著書。 労働局あっせんの内容やデータも多数掲載されている。
 
10月13日 by 小保方克仁(特定社会保険労務士)
労働法研究者の濱口桂一郎先生が、労働局あっせん事案などをまとめた著書「日本の雇用紛争」でも、職場でのイジメやパワハラが、原因の紛争が多いことが分かる。 暴言、暴力以外にも誹謗中傷や孤立化、濡れ衣等。 中には、意味が分からないような事例もあるが、、、
 
 
○アマゾンレビュー
 
アマゾンレビュー
 
 
○読書メーター
 
http://bookmeter.com/b/4538411582
 
 
 
○ブクログレビュー
 
http://booklog.jp/item/1/4538411582