『HRmics』掲載論文



「ふつうの人」が「エリート」を夢見てしまうシステムの矛盾(第12号)

「錆びないミドル」とエグゼンプション制度(第19号)

連載「雇用問題は先祖返り」

同一労働同一賃金はどいつの台詞だ?(第13号)

職業能力・職種を中心とする労働市場をめざして(第14号)

「近代的」労使関係はどこにいったのか?(第15号)

「技能検定」から半世紀ぶりの「キャリア段位」(第16号)

「雇用維持型」から「労働移動支援型」への転換というデジャビュ(第17号)

年齢差別禁止の有為転変(第18号)

物理的労働時間規制の復活?(第19号)

派遣労働の紆余曲折(第20号)

労務賃貸借と奉公の間(第21号)

連載「原典回帰」

シドニー&ベアトリス・ウェッブ著『産業民主制論』(第22号)

『サミュエル・ゴンパース自伝』(第23号)

セリグ・パールマン『労働運動の理論』(第24号)

フリッツ・ナフタリ編『経済民主主義』(第25号)

ギード・フィッシャー『労使共同経営』(第26号)

W.E.フォン・ケテラー『労働者問題とキリスト教』(第27号)

G.D.H.コール『労働者 その新しい地位と役割』(第28号)