EU労働法リファレンス





1.EUのホームページ

 EUのホームページである。ここから、理事会、欧州委員会、欧州議会等の各機関のホームページ、法令や公式文書を収めたデータベース、さらには政策の概要をまとめたページなどさまざまな情報につながっている。
 EU労働法の研究者が訪れるべき場所は、まずなによりも雇用社会総局(旧第5総局)のホームページであろう。このページから、最新ニュースやスピーチ原稿、政策分野ごとのページに進んでいける。COMドキュメントを始め、公式文書は全て、ここから入手することができる。
 ただし、雇用社会総局のニュースは1ヶ月に2,3回程度しか更新されないので、毎日最新のニュースが知りたければ、欧州委員会のプレスリリース提供サービスが利用できる。毎日、膨大な量のプレスリリースが収録され、これをフォローするだけで、EUの動きのかなりの部分はつかめよう。
 閣僚理事会のホームページでは理事会結果のプレスリリースや理事会提出資料等が入手できる。なお、条約改正のIGCや基本権憲章の検討状況もここに全て公開されている。
 欧州議会のホームページではプレスリリースや活動報告、各種文書が収録されている。
 また、欧州司法裁判所のホームページでは最新の判決文を掲載しているほか、過去の全ての判例を収録している。
 さて、法令の研究に現行法規総覧と官報は不可欠であるが、EUR-LEXではこれが全てインターネット上で無料で公開されている。過去2ヶ月分のEU官報(Official Journal)と、現在生きている全ての法令、さらには、現在提案中の法令案も収録されている。
 なお、政策の概要を紹介するSCAD Plusというデータベースもある。ここには、EUの政策が項目別にかなり詳しく要約紹介されており、研究のとっかりには最適である。
 さらに、労働統計については、欧州統計局(EUROSTAT)のホームページに掲載されている。

2.EU外郭団体のホームページ

 雇用社会総局関係の外郭団体のホームページのうち、第一に挙げるべきは欧州生活労働条件改善財団のものである。これは、労働社会関係の調査研究プロジェクトを行っている組織(在ダブリン)である。ここにはこの財団の研究成果等が収録されているが、特に利用価値が高いのが、「欧州労使関係観測所オンライン」(The European Industrial Relations Observatory)(EIRO)というデータベースである。このデータベースは、EUレベルの労働社会関係の動きを、毎月詳しくフォローするのみならず、加盟各国の労働社会関係の動きについても細かくフォローされている。これを読み続けるだけで、ヨーロッパの労働情勢は一通り把握できるという優れものである。また、時々特定のテーマに関する比較調査結果を載せたりしている。
 また、EMIRE(European Employment and Industrial Relations Glossaries)というデータベースは、各国ごとにABC順に並べられた膨大なキーワードから各国の雇用制度や労働に関する制度についての説明がされており、各国ごとの労働用語事典といったところである。
 次に有用なのが欧州雇用観測所(The European Employment Observatory)(EEO)である。ここのデータベースのうち、BIR(Basic Information Reports)は、ハイパーテキスト方式で各国ごとに雇用制度及び雇用政策が網羅的に記述されたモノグラフである。いずれも数百ページに及ぶ分量である。内容は、@機構、A法制と手続、B施策、C情報と調査、に分けて記述されている。また、Tableau de bordは逆に、各項目ごとに各国の雇用政策が要約記述されており、比較対照に便利である。さらに、「Policies」や「Trends」といった各国の雇用政策についての情報を迅速かつ詳細に紹介するEEOの季刊誌の電子版も収録されている。
 各国の社会保障制度や政策についての同様のデータベースがMISSOC(Mutual Information System on Social Protection in the Member States of the European Union)である。このうち、「Trends in Social Protection」には、サーベイ論文と各国ごとの状況をまとめたモノグラフが収録されている。また、「Comparative Tables」には、医療、疾病、出産、障碍、老齢、遺族、労災、家族、失業等の各項目ごとに各国の状況が整理されている。その他、「News & Trends」や「Current Information」といった項目もある。
 その他、欧州労働安全衛生機構のホームページもある。

3.EUの労使団体のホームページ

 欧州労連(ETUC)のホームページには、プレスリリース、書記長発言等を掲載しているほか、各種政策文書も収録されている。
 欧州産業経営者連盟(UNICE)のホームページには、プレスリリースやポジションペーパーなどが収録されている。
 その他の労使団体についても、上のEIROのリンク集から見ることができる。

4.EUのその他の団体のホームページ

 EUとは別に欧州評議会(Council of Europe)という組織があり、欧州人権規約や欧州社会憲章といった活動を行っている。
 欧州の女性団体の連合体である欧州女性ロビーや、社会的NGOの連合体である欧州社会的NGOプラットフォームもホームページを持っている。

5.その他

 なお、その他にもEUに関する情報はインターネット上に数多く存在している。それらのリンク集として、ユーロインターネットというページがある。労働関係のリンク集としては、上記EIROの「関連サイト」ページで十分であろうが、それでは足りない場合、ここまで見れば十分であろう。
 また、研究機関や大学におけるEU研究の論文を検索するのには、リサーチペーパーアーカイブが便利である。