書評





書評:シリーズ新しい社会政策の課題と挑戦第1・2巻(『社会福祉研究』102号)

書評:雇用社会の法と経済(『日本労働研究雑誌』2008年8月号)

書評:安周永『日韓企業主義的雇用政策の分岐』(『大原社会問題研究所雑誌』2013年9/10月号)

シュトゥルムタール『ヨーロッパ労働運動の悲劇』からの教訓(『DIO』2014年1月号)

シドニー&ベアトリス・ウェッブ著『産業民主制論』(『HRmics』第22号)

『サミュエル・ゴンパース自伝』(『HRmics』第23号)

セリグ・パールマン『労働運動の理論』(『HRmics』第24号)

フリッツ・ナフタリ編『経済民主主義』(『HRmics』第25号)

ギード・フィッシャー『労使共同経営』(『HRmics』第26号)

W.E.フォン・ケテラー『労働者問題とキリスト教』(『HRmics』第27号)

G.D.H.コール『労働者 その新しい地位と役割』(『HRmics』第28号)

アラン・フランダース『イギリスの団体交渉制』(『HRmics』第29号)