日本の労働法政策(社会保護)



格差社会における雇用政策と生活保障(『世界の労働』2008年1月号)

公的扶助とワークフェアの法政策(『季刊労働法』2009年春号(224号))

日本型システムにおける労働とセーフティネット(『POSSE』第5号)

賃金と社会保障のベストミックスを(『生産性新聞』2009年10月25日号)

働くことが得になる社会へ(『JP総研Research』2009年第8号)

新しい賃金と社会保障のベストミックスを(『季刊福祉労働』125号)

支えきれなくなった「家族」失業保険と生活保護の再構築が急務(『エコノミスト』2010年2月8日号)

座談会 民主党政権の社会保障政策をどう見るか(濱口発言部分)(『世界』2010年8月号)

ベーシックインカムで社会問題は解決する?(『情報労連REPORT』2010年11月号)

正規・非正規の均等待遇と生活保障(『エルダー』2011年2月号)

非正規労働者を厚生年金から排除する理由と膏薬はどこへでもつく(『情報労連REPORT』2011年4月号)

財やサービスは積み立てられない(『年金時代』2012年5月号)

生活保護の一番大事な問題(『情報労連REPORT』2012年7月号)

第2のセーフティネット住宅編(『WEB労政時報』2015年5月7日)

労使折半の謎(『WEB労政時報』2016年9月5日)

非正規雇用と社会保険(『労基旬報』2016年9月25日号)

養老保険と退職年金のはざま(『エルダー』2016年10月号)

育児と保育の間(『労基旬報』2016年10月25日号)

厚生年金基金の興亡(『エルダー』2017年1月号)

派出看護婦とは何だったのか?(『労基旬報』2017年1月25日号)