hamachanの労働法政策研究室




hamachanの著書

新しい労働社会 新しい労働社会−雇用システムの再構築へ(岩波新書)
濱口桂一郎著 2009年7月刊行   定価 735円
正規労働者であることが要件の,現在の日本型雇用システム.その不合理と綻びはもはや覆うべくもない.正規,非正規の別をこえ,合意形成の礎をいかに築き直すか.問われているのは民主主義の本分だ.独自の労働政策論で注目される著者が,混迷する雇用論議に一石を投じる.(目次) (書評)




日本の雇用と労働法 日本の雇用と労働法(日経文庫)
濱口桂一郎著    2011年9月刊行、定価 1,050円
日本型雇用の特徴や、労働法制とその運用の実態、労使関係や非正規労働者の問題など、人事・労務関連を中心に、働くすべての人が知っておきたい知識を解説。過去の経緯、実態、これからの課題をバランスよく説明。著者は労働法や、人事労務の世界で、実務家・研究者から高い評価を受ける気鋭の論客です。(はじめに)(目次) (書評)






若者と労働 若者と労働−「入社」の仕組みから解きほぐす(中公新書ラクレ)
濱口桂一郎著    2013年8月刊行、定価 924円
ブラック企業、限定正社員、非正規雇用・・・・・・様々な議論の中でもみくちゃにされる若者の労働問題。日本型雇用システムの特殊性とは?そして、現在発生している軋みの根本原因はどこにあるのか?労働政策に造詣の深い論客が雇用の「入口」に焦点を当てた決定版。感情論を捨て、ここから議論を始めよう。(まえがき)(目次) (書評)






日本の雇用と中高年 日本の雇用と中高年(ちくま新書)
濱口桂一郎著    2014年5月刊行、定価780円
労働問題の責任ある唯一の答えは「長く生き、長く働く」を目指すことしかない。けれど社会環境が激変しつつあるなか、雇用と働き方をめぐる問題が噴出している。ひとたびレールを外れると、年齢が足枷になって再挑戦もままならない。損か得か……などといった不毛な議論では、この状況の大転換を見失ってしまう。感情論では雇用は増えないし、不公平も解決できないのだ。では、矛盾だらけの建前と本音のどこが問題か。どのような制度設計が可能なのか。第一人者が労働問題の本質を平易に解き明かす。(目次) (書評)






働く女子の運命 働く女子の運命(文春新書)
濱口桂一郎著    2015年12月刊行、定価780円
つい最近まで、女子は「腰掛け就職」「職場の花」などと呼ばれ、重要な業務につけず、管理職にもなれない不遇を味わってきました。 そしてやってきた失われた20年以降、総合職というコースが用意された代わりに、“転勤も労働時間も無制限”に働けという。 さらには「少子化対策と女性の活躍」を両立させる、ですって――?! いったい女性にどうしろと言うのでしょう。 本書では富岡製糸場から戦争時、職業婦人、ビジネス・ガールといった働く女子の歴史を追いながら、男性中心に成功してきた日本型雇用の問題点を探っていきます。(はじめに)(目次) (書評)




hamachanの論文


掲載雑誌別


書籍


報告書


hamachanの発言


判例評釈


書評


項目別論文・発言


hamachanの研究会等における発言録


EU労働法政策雑記帳


EU労働法リファレンス



LECTURE MEMORANDUMS IN ENGLISH