日本の労働法政策(機会均等)




男女均等

OL型女性労働モデルの形成と衰退(『季刊労働法』2011年秋号(234号))

男女均等と職業家庭両立の両立(『労基旬報』2012年8月25日号)

女性活躍推進法?(『WEB労政時報』2014年9月29日)

数合わせがやりやすいメンバーシップ型社会(『WEB労政時報』2014年10月27日)

女子と婦人と女性(『労基旬報』2014年11月25日号)

なぜ日本では女性が活躍できないのか?(『WEB労政時報』2014年11月25日)

女性活躍推進法で女性は活躍できるのか?(『損保労連GENKI』2014年12月号)

働き方改革の基本線(『ManpowerGroupJournal』2015年1月号)

女性が管理職になりにくい社会(『生産性新聞』2014年12月5日号)

マタハラ防止で均等法改正?(『WEB労政時報』2015年10月19日)

NHK視点・論点「働く女子はなぜつらい?」(2016年1月29日)

マタニティハラスメントとは?(『生産性新聞』2016年4月5日号)

日本型雇用と女子労働の未来(『TBS調査情報』2016年3/4月号)

日本型雇用と働く女子の運命(『Work & Life 世界の労働』2016年3号)

女性の活躍推進について(『月刊JAM』2016年9月号)

ジェンダー・ギャップ指数111位(『労務事情』2017年6月1日号)



ワークライフバランス

職業生活と家庭生活の両立(『季刊労働法』2004年夏号(205号))

日欧産業協力センター事件(判例評釈)(『ジュリスト』2005年2月1日号)

「育休世代のジレンマ」で「悶える職場」(『WEB労政時報』2015年2月9日)

有期契約労働者の育児休業見直し?(『WEB労政時報』2015年7月13日)

仕事と家庭の両立支援(『損保労連GENKI』2015年10月号)

有期労働者の育児休業問題(『損保労連GENKI』2015年12月号)

第1次ワークライフバランスと第2次ワークライフバランス(『JP総研Research』第34号)(2016年7月)

育児休業期間を最長2年に?(『WEB労政時報』2016年10月3日)

女性活躍阻む「日本型転勤」はなぜ生まれたか(『東洋経済オンライン』2017年3月3日)

残業上限規制と「女性の活躍」は分けて考えよう(『東洋経済オンライン』2017年3月17日)

男性の育児休業取得率3.16%(『労務事情』2017年8月1日号)


その他の均等



労働人権法政策の諸相(『季刊労働法』2014年秋号(246号))

人種差別撤廃条約と雇用労働関係(『労基旬報』2014年7月25日号)

障害者差別と日本型雇用(『生産性新聞』2016年2月25日号)